こんにちは.

最近,房総半島で釣りをしていて感じるのは,魚が小さいということ.
もちろん,今でも10kgオーバーのヒラマサがでるなど大きな魚もいますが,アベレージがワラサだったのがイナダになったような気がします.
私が小学生の頃なんかは,『神奈川は魚が小さいが千葉に行けば魚が大きい』なんて言われていたこともありましたが,今はなんのことやら..
ジギングをしていて,ジグを弾いて,スライドさせて泳がせてやると,追ってこれる魚が少ないのではないかと感じます.



通常,一匹の青物を釣るのが至難の業である(私が勝手に思っている)房総のジギングですが,そんな状況で魚を出す方法はどんなだ?と周りを見ると,最近は,比較的小さめのジグやショート・ミディアムジグを使い,小刻みに頭を振りながら泳がせる誘い,要は,弱ったイワシがくるくる回りながら上昇してしまう動きが,釣果に結びついています.
思い出せば,ジギング初期,まだテールにトリプルフックをつけて,新素材と言っていたPEを使い,ロングジグがなく,真上に泳がせて来るだけのあの頃からある釣法ですね.
もしくは,スローで弱って沈んでいく誘いが釣果につながっているのですかね.

と,そんな状況下に置いて,私の200gのジグを軽快にシャクれるロッド
ひとまき100cmオーバーのリール
メインラインPE4号,リーダー50ポンド
これは,あまりにヘビーです.
もちろん,稀に見る大物を釣るための装備ですが,全く釣れないよりかは一匹でも釣れた方が楽しいのではないか思う気持ちがあります.
特にブリ系はラインが細ければ細いほどよく釣れると風が言っていますしね..

と,そんなことから,ロッドを柔らかくして,ラインPE2号以下,リーダー30ポンド以下とか考えていた時に,それならば,青物だけでなくイサキとかもターゲットとして,流行りのSLJことスーパーライトジギングをやってみようとなったのでロッドを調べて購入しました.

SLJのロッドは何がある?(シマノから)
今回はシマノ限定です.
なぜかといいますと,大手の利点である手に入れやすさと値段の手ごろさ,安定した性能があるからです.
さて,シマノのスーパーライトジギングの商品ですが,次の7点を候補にしました.

外房などで浅場を攻めるときにキャスティングがしやすいこと.
東京湾のタチウオワインドゲームやマゴチ・シーバスゲーム,マダイテンヤなどに応用が利くこと.
以上の理由からスピニングロッドに限定しました.

①グラップラー S66-0
定価27,000円
PE_Max1.2号
ジグweight:20-100g

≪'19年1月新商品!≫ シマノ '19 グラップラー タイプLJ S66-0 〔仕舞寸法 158.3cm〕 【保証書付】 【大型商品1/代引不可】

≪'19年1月新商品!≫ シマノ '19 グラップラー タイプLJ S66-0 〔仕舞寸法 158.3cm〕 【保証書付】 【大型商品1/代引不可】

②グラップラー S63-1
定価27,000円
PE_Max1.5号
ジグweight:30-130g

【大型商品(220サイズ)】【シマノ】2019 グラップラー タイプLJ S63-1【4969363389367】【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】

【大型商品(220サイズ)】【シマノ】2019 グラップラー タイプLJ S63-1【4969363389367】【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】

③グラップラー S63-2
定価27,500円
PE_Max2号
ジグweight:40-160g

【大型商品(220サイズ)】【シマノ】2019 グラップラー タイプLJ S63-2【4969363389374】【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】

【大型商品(220サイズ)】【シマノ】2019 グラップラー タイプLJ S63-2【4969363389374】【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】

④ゲームタイプLJ S660
定価36,000円
PE_Max1.2号
ジグweight:20-100g

●シマノ 17 ゲーム タイプLJ S660 (37839)

●シマノ 17 ゲーム タイプLJ S660 (37839)

⑤ゲームタイプLJ S631
定価38,000円
PE_Max1.5号
ジグweight:30-120g

●シマノ 17 ゲーム タイプLJ S631 (37840)

●シマノ 17 ゲーム タイプLJ S631 (37840)

⑥ゲームタイプLJ S632
定価38,500円
PE_Max2号
ジグweight:40-160g

●シマノ 17 ゲーム タイプLJ S632 (37841)

●シマノ 17 ゲーム タイプLJ S632 (37841)

⑦オシアジガー S65-0FS
定価49,000円

PE_Max1.2号
ジグweight:20-100g
(2019/5発売予定)

シマノ オシアジガー LJ S65-0/FS ジギング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

シマノ オシアジガー LJ S65-0/FS ジギング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

*データはすべて,シマノHP2019/3調べです.

さて,この中から検討していくわけですが,房総半島で使用する場合,狙ってなくてもヒラマサがかかる場合があります.
また,潮流が速い時もしばしば...
すると,それなりのジグが乗せられて,PEも太めとなると考えると番手が2のロッドになります.
ですが!
それなら,普通のジギングでいいんです!
SLJにするんだから,ここはきっぱり大物は捨てます.
10kgオーバーのヒラマサは,しっかりしたタックルの時で狙わないとかからないと信じこみます!
PE2号あれば,ブリまでならあがる..とか忘れます.
大鯛ぐらいいけるようにPE1.5とか深場を攻めるならジグはとか,130gふれれば普段のジギングとかわらないこともできるとかも記憶から消し去ります!
そう!
SLJとしてやるんだからロッドの番手は0番を使います!
もし,このブログを参考にしてくださっている方がいれば,私が忘れたことを思い出して考えていただければ...

ということで,0番となると先にあげた①,④,⑦のいずれかになります.
ここで,④のゲームタイプLJは,除きます.
このロッドは上げた中で最初に販売されたもので,評判も良いロッドです.
また,SLJ用ではないですが,スロー用に私もゲームタイプSJを持っていますが,いいロッドだと思います.
しかし,2019発売のグラップラーは,廉価モデルながら後発ということもあり,性能が良く値段も定価でゲームより1万円安い.
グラップラーは,通常のジギング用を振ったことがありますが,通常のジギングでは問題ない性能を感じました.
そして,なにより,SLJの対象魚は,あまり大きくないor不意の大物は記憶のかなたなので,そこまでの性能は要らないのではないかと考えます.
この考えならば⑦も除かれるのですが,ここは,今度は最高峰のモデルというオシアジガーです.
エンドモデルというのは,私もいくつか使っているのですが,それ相応の使いやすさや能力を秘めているものです.
それに,持っているだけでなんか嬉しい...
ですが,今回,発売前ということ,懐具合等々から,①のグラップラーS66-0に決定して,ロッドを注文してきました.

聞いたところによると,グラップラーS66-0は,現在,在庫がないらしく,新規入荷は5月下旬ごろの見通しだそうです.
そう,今注文すれば初夏のシーズンに間に合います!
今注文するしかない!!
≪'19年1月新商品!≫ シマノ '19 グラップラー タイプLJ S66-0 〔仕舞寸法 158.3cm〕 【保証書付】 【大型商品1/代引不可】