こんにちは.

ブログについて調べてみると,いろいろと準備が必要なんですね...
釣り道具の紹介とかでAmazonや楽天を貼ったり,
広告でお小遣い稼ぎしようとするとなると,
プライバシーポリシーや免責事項などなど...
作成しないといけないことと申請しなければいけないこと,
やることが多いですね.

やることといえば,普段の釣りもそうですが,
遠征の準備!
いつもの釣りとは勝手が違う.
そもそも,釣りだけではなく,
移動方法や費用も考えなければいけない.
それでも,素敵な景色と大物への夢を見て,
行かずにはいられない.

私も初めての時,ネットで調べたり,
同行者に聞いたりして悩みました.


そこで!
私のように調べている人に向けて,
私が企画している与那国島遠征.
2018年の4月にカンパチ狙いで行ったときのことを
参考までに置いておこうと思います.

まず,移動ですが,もちろん飛行機です.
羽田発で石垣島or沖縄本島に行き,
そこから乗り継いで与那国島へ行くのがALL飛行機のルートになります.
本島や石垣島からフェリーという手もあるのですが,
私は時間短縮のため,飛行機です.
また,与那国島へ行くには,
JAL系列の飛行機に乗る必要があるのですが,
沖縄本島より石垣島の方が本数が多いため,石垣島経由でいきます.
沖縄本島経由だと1日で行くのが難しいです.

したがって,
羽田-石垣島-与那国
これが,ルートとなります.

あとは,羽田-石垣島をANAで行くか,JALで行くかです.
費用的には,JALで行くと,すべてJAL系列で行けるため割安です.
しかし,私はANAを使います.
理由としては,ANAの方が便数が多いため,融通が利くこと.
釣り道具の梱包が良いこと(特に釣竿).
ANAの上級会員であることです.

便数が多いと,一緒に行く仲間の予定に合わせて
ある程度,時間の都合がつきます.
2018年4月だと石垣-与那国は,10:35発と17:35発でした.
朝行くか夕方行くか選べます.
釣り道具の梱包ですが,ANAであれば釣竿用のケースが用意されています.
JALだとダンボールで保護です.
スロージギング用の7フィート近くのロッドだと
ケースより長くてダンボール梱包となる場合がありますが,
よく使われるだろうジギングロッドや
2ピースなどのキャスティングロッドであれば,
問題ありません.
飛行機の上級会員は,荷物が多く詰める,
混んでいることが多い羽田で預け荷物の専用レーンがある等々,
大荷物の釣り人には助かることが多いです.
預け荷物が優先的に回収できるのもありがたいです.
そして,なにより,安い飛行機のチケットを取りやすい.
これが,費用面で重要です.

それでは,次の記事では,かかった費用について書きたいと思います.