こんにちは.

2020年,最初の釣り初めとして1月4日に北茨城 平潟からマダイのテンヤ+スロージギングに行ってきました.


当日は,若干風が強く,また気温も低く,冬の厳しさを感じる日でしたが波は穏やかで天気も崩れずでした.

乗船した船宿はとも丸(
HPはこちら)さんです.

船長と若船長の二艘出しができる船宿さんで,男性9,000円でした.

船長の方は常連さんが多く,テンヤマダイとスローをやる船です.

私はこちらに乗ったのですが,

ゆったりした雰囲気で,話しを聞くと普段から余裕をもった間隔で釣りができる船だそうです.

若船長の方は,スロージギングがメインで釣果に写真が載ったりと情報が入りやすく,

昨年は,大きなヒラメを数釣るなど,ポイント選びも抜群だそうです.


釣行内容
出船は,まだほの暗い6時過ぎでした.

DSC_0319
ポイントまでは,約1時間.
DSC_0320
空も明るくなりはじめ,テンヤでのマダイ狙いからスタートです.

テンヤはダイワの紅刃遊動テンヤ+SSの4号にプラスシンカーの2号をプラス.
DSC_0321
水深は38mでPE1号,潮の流れもあり,ゆっくりとフォールさせていきます.

ひと流し目は,あたりもなく,普段やらない釣りのためか底取りに一苦労.

しかし,二流し目,底をとるとつっつくようなあたりが出始める!

ゆっくり持ち上げてフリーフォールする誘いを何度か繰り返していると,

持ち上げるときもあたりが続く!

ここで,テンヤはしっかりあわせるのが基本らしいですが,

この遊動テンヤ親針が通常のテンヤのように大きくなく,どちらかと言うとタイラバっぽい.

そこで,ゆっくり持ち上げて,持ち上げきったらリーリングして食い込ます作戦!

あたりもつっつくようなものでしたのでw

そして,ぶるっと魚がしっかりのった感触を得てフッキング!

可愛い引きが手元に伝わりますが,しっかり頭を振っている!!

鯛と確信して釣り上げた手のひらサイズの今年ファーストフィッシュ!

DSC_0324
全長で30cmあるかどうかというサイズでしたのでリリースも考えましたが,

今年,最初の魚ということでめで鯛とキープ.

その後,11時過ぎまで鯛の反応はまったくなくなる・・・

そこで,最近好調なタチウオ狙いのジギングへ変更!


めちゃくちゃ釣れる!タチウオジギング
タチウオジギングと聞くと私は東京湾の夏が主に思いつきますが,

今回は冬,それも茨城!

暖水系の魚のタチウオが冷たい茨城にたくさんいるなんてと思いつつ,

最近の釣果を見ると船中数百本当たり前なのでスローのタックルをセット.

そう,スローなんです!

東京湾のタチウオだと基本のひとつにガチャ巻の巻き上げで食わせるというのがあると思いますが,

今回,やたらめったらすごく釣れるということなので,タチウオカッターが気になる!

そこで,スローのフォールで食わせることで,

ジグを噛んだ後にテールフックにタチウオをフッキングさせることで,

タチウオの口がリーダーに近寄らせない作戦です.

ポイントに到着し,200gのゼスタ スリッピーを落とす


底をとったら,大きく持ち上げて,ヒラヒラ落とす.

そして,リールを1/4回転.

3回ぐらい誘ったところでフォールでバイト!

しっかり,フッキングしてあげてくると,タチウオ特有の重い感じ.

ウキウキで巻き上げてしっかり,テールフックで釣り上げる!

DSC_0328
同じような感じで同じようにもう一匹フッキング!
DSC_0330
そう,とにかくタチウオがいっぱいいるんですね.

タナをジグが通れば,すぐヒットする状態.

ワンキャストワンヒットです!

サイズは私の指で3~5と悪くない.

いっぱい釣れるので余裕をもつことができ,あがってくるところの写真まで撮れました.

DSC_0333


水面に上がる銀色に輝く魚体
DSC_0335
とにかく,タチウオ,タチウオ,タチウオ

底をネチっても,だだ巻きしてもタチウオ

すごく釣れるので動画も撮ってもらいました(twitter参照)


そして,終盤,テールに頑張ってフッキングさせてたつもりでもジグを切られてしまい,

ダイワの鏡牙にジグを変更.


動画を撮ってもらった時に釣り上げた写真も撮ってもらいました.
1578124377081
動画を撮ってもらうとなるとなんか固くなるんですかねw

フッキングを数度失敗し,フォールでなく上げで食わせる始末.

それでも数が釣れて美味しい魚なので素敵な釣り初めとなりました.


最後に
なんでこんなに茨城にタチウオがいるのか?

疑問に思う方もいらっしゃると思います.

私が見たところ,茨城でタチウオが好調な原因は,

水温が例年より高いこと

そして,ポイントが暖水と冷水の混じる場所であること.

この2点が効いていると思います.

もちろん,他にも餌がよかったとか,成育環境がよかったとか,

はたまた深場から追われて集まってるだけとかいろいろあると思いますが...

ただ,釣れている場所はそういう場所ですので,これは段々と南下していきそうですね.

このブログを書いている今も,ポイントが北茨城から鹿島などの千葉との境目まで下がっていました.

たくさん釣っといてなんですが,乱獲になるんじゃないかってぐらい釣れます.

何度も行こうとは思いませんし,リリースしても・・・というのがありますが,

適度に楽しくいろいろ試しながら釣るには今がベストな感じです.

興味があれば,ぜひ行ってみてはいかがでしょうか.


タックル
①テンヤ
ロッド:







リール:


ライン:






リーダー:


②スロージギング
ロッド:

リール:

ライン:

リーダー: